土地現況確認について

公開日 2023年05月12日

更新日 2023年05月18日

 土地現況確認とは、登記簿上の地目が田、畑となっているものについて、現況が非農地である場合に、「農地法の適用を受けない土地」であることを証明してもらうための手続きです。土地現況確認申請書には、以下の書類を添付し、提出をしてください。

 

【添付書類】

・位置図

・字絵図

・施設等の配置図

・登記事項証明書

・農地又は採草放牧地でなくなったことを証する書類

 

 ただし、提出をすることができるのは、農振法で定める「農用地区域」以外の土地で、登記簿上の地目が田、畑となっているものについて、次のア又はイの要件を満たす場合に限られます。

(ア) 現況が農地又は採草放牧地でなくなってから、20年を経過しているものであること。

 (現況が宅地であるものについては、家屋登記簿謄本、課税証明その他農業委員会以外の公的機関が発行する証明書等により、現況が農地又は採草放牧地でなくなった事実及びその時期について証明できる場合に限られます。)

(イ) 災害により農地又は採草放牧地でなくなったものであり、相当程度費用を投じても農地又は採草放牧地として復旧することが困難であること。

 

【様式等ダウンロード】

土地現況確認申請書.docx(25KB)

提出先一覧.pdf(196KB)

 

【参考:県庁ホームページ 土地現況確認(いわゆる非農地証明)について】

https://www.pref.gifu.lg.jp/page/909.html

 

問い合わせ先

養老町農業委員会(産業観光課内

0584-32-1108