避難指示が発令されたら必ず避難を!

2021年5月18日

 poster1.jpg

 

 令和3年の出水期より「避難勧告」と「避難指示」が一本化されることとなりました。
 これからは、「警戒レベル4避難指示」で危険な場所から全員避難しましょう。
 高齢者や障がいのある人など避難に時間のかかる人やその支援者は「警戒レベル3高齢者等避難」で危険な場所から避難しましょう。
 「警戒レベル5緊急安全確保」は既に安全な避難ができず命が危険な状況です。「警戒レベル5緊急安全確保」の発令を待たず早めに避難を終えてください。

 

避難に関するポイント

○事前にハザードマップ等で確認を。
 安全な場所にいる人まで避難所に行く必要はありません。ハザードマップ等で自宅の災害リスクを確認し、事前に家族で避難場所等について話し合っておきましょう。
○避難先は、小中学校や公民館だけではありません。
 安全な自宅に留まることや親戚、知人宅に避難することも検討しましょう。
○豪雨時の移動は、車も含めて危険。
 やむを得ず車中泊をする場合は、浸水しないように周囲の状況を十分に確認してください。
○避難する際はマスク、消毒液、体温計を持参!

 チラシ.pdf(547KB)

お問い合わせ

総務部総務課
電話:0584-32-1101