養老町人口ビジョン(改訂版) 第2期まち・ひと・しごと創生養老町総合戦略を公表します。

2021年4月1日

 養老町では、平成27年10月に『養老町人口ビジョン・「絆を大切にするまち養老」創生総合戦略』を策定し、各施策に取り組んできましたが、人口減少・少子高齢化はますます進行しており、引き続き将来にわたって住み続けられるまちづくりを進めるため、令和3年3月に『養老町人口ビジョン(改訂版) 第2期まち・ひと・しごと創生養老町総合戦略』を策定しました。

 

〇養老町人口ビジョン(改訂版)
 本町の人口に関する現状分析の結果を踏まえて、将来の人口推計のシミュレーションを行いました。
 その結果、本町では、2030年の人口を23,000人、2040年の人口を19,500人とすることを目標に設定し、現在の合計特殊出生率を維持しつつ、転出を抑制するための施策を実施していくこととしました。

 

〇第2期まち・ひと・しごと創生養老町総合戦略
 養老町人口ビジョン(改訂版)で設定した目標人口を達成するために、2021年度から2025年度まで(令和3年度から令和7年度まで)の5年間において取り組む具体的な施策について取りまとめた計画です。
 養老町まちづくりビジョンとの整合性を図り、「多様な主体が参画し、関係人口の拡大をめざす」「地域の魅力を活かしたまちづくりをめざす」「持続可能なまちづくりを推進します」の3つ基本目標を掲げ、地域の魅力向上や活性化により、交流人口の拡大や人口の減少を抑制するとともに、移住定住の促進やテレワークの推進、関係人口の確保につなげていきます。
 また、西濃圏域の市町との連携を深め、移住定住、観光・産業振興や雇用の促進を図ります。


関連ファイルダウンロード

養老町人口ビジョン(改訂版)第2期まち・ひと・しごと創生養老町総合戦略.pdf(8MB)

養老町人口ビジョン(改訂版)第2期まち・ひと・しごと創生養老町総合戦略概要版.pdf(7MB)