ことばの教室

2017年6月1日
■ことばの教室とは

 養老町に在住する幼児で、ことばや発達に遅れのある子どもを対象に、発育・発達の支援をしています。遊びを通して、運動機能、ことば、考える力、人とのコミュニケーション能力、社会性などを育てていきます。また、早期に必要な相談や保護者支援を行っています。

■こんなことをしています

 

●個別支援

・1対1で1時間の支援

・運動遊び、感覚遊び

・人とのかかわりを深めます
●グループ支援(3~5歳児)

・グループを編成し、1時間30分の支援

・順番を待つことや遊びのルール、約束の理解

・人や物とのかかわりを楽しみます

●音楽療法士による音楽療法 

・年齢別でグループを編成

・毎月1回 1時間

・心を解放し、精神の安定を図ります

・音、リズム、楽器にふれ、からだ全体で楽しみます

●おやつ支援 ・様々な味覚や食感を楽しみながら、口腔機能を高めます

 

■今、心配やお困りなことはありませんか?
【身体の面】
 ・呼びかけに反応がない。
 ・話を聞いていないように見える。
 ・手や足の動かし方がぎこちない。バランスがとりにくい。
 ・身体の発達がゆっくりである。
  (首がすわらない・おすわりができない・ハイハイしない・立てない・歩けないなど)
 ・力の加減が分かりにくく、力いっぱいになる。
 ・転んでも痛がらない。
 ・臭いや音に敏感である。
 ・エアコンの音など小さい音も気になる。
 ・人ごみなどで耳をふさぐ。
 ・集中して見ることが苦手である。
 ・姿勢がくずれてしまう。
 ・ずっと動いている。いつもそわそわしている。気が散りやすい。
 ・落ち着きがなくじっとしていることができない。
 ・同じところでくるくる回っている。
 ・手をヒラヒラさせたり、身体を常に揺らしたりしている。
 ・いつも口を開いている。
 ・動いているものを目で追えない。
 ・外出先などで、自分一人で興味のある方に行ってしまう。
 ・寝ているときに何度も目を覚まし、熟睡できない。
 ・偏食が激しく、食べられるものが少ない。
【ことばの面】
 ・言われていることが理解できていない。
 ・意味のある言葉がほとんど話せない。
 ・人の話に無関心である。
 ・「バイバイ」「ちょうだい」などの動作の真似をしない。
 ・指さしをしない。
 ・物の名称が正しい言葉でなく、違う言葉になる。
 ・言われたことを、オウム返しする。
 ・尋ねられたことと、違った答えが返ってくる。
 ・聞く時と話す時とが分かりにくく、一方的に話をつづけ止まらない。
 ・質問が終わらないうちに途中で答えてしまい最後まで聞けない。
 ・過度にしゃべる。
 ・一人で遊んでいるときは話しているのに、人前では話せない。
 ・家ではしゃべるが、外では全くしゃべらない。
【人との関わりの面】
 ・抱っこされることを嫌がる。
 ・人に触られることを嫌がる。
 ・我慢できず、かんしゃくが激しかったり、乱暴なことが多かったりする。
 ・おもちゃで遊ばず、走り回っていることが多い。
 ・同じおもちゃでしか遊べず、いつも同じ遊びをしている。
 ・手が汚れることをいやがったり、水遊びを怖がったりする。
 ・何度注意しても、同じことを繰り返してしまう。
 ・視線が合いにくく、呼びかけても振り向かない。
 ・表情がなくあまり笑わない。
 ・友達と遊ばず孤立している。
 ・人に対し拒否や回避をすることが多い。
 ・人との距離が近い。
 ・順番が待てない。
 ・なかなか終わりができない。
 ・人に譲ってあげることができない。
 ・こども園・保育園・幼稚園にいつまでも慣れない。
 ・場を勝手に離れてしまう。
 ・集団生活に落ち着いて参加できない。
 ・指示に従えず最後までやり遂げられない。
 ・1番になることにこだわりがある。
 ・思い通りにいかないときに妥協や思考の転換をすることができない。
 ・いつも自信がない。
 ・集中して片付けができない。
 ・人見知りが激しかったり、新しい場所を怖がったりする。
 ・人見知りがなく、誰にでもすぐに慣れる。 

■相談・通級について
 お子さんのことばや発達にご心配な点がありましたら、ことばの教室に下記まで相談の予約をしてください。相談予約は随時行っています。

《☎:0584-34-0900》

 

■利用料金について
 原則として、支援の費用は、児童発達支援費の1割負担が必要です。

 

■連絡先

〒503-1314
岐阜県養老郡養老町高田789-2
TEL (0584)34-0900  
FAX (0584)34-0900
養老町ことばの教室