空手 全日本大会優勝 表敬訪問(第14回全日本ジュニア空手道選手権大会)

2021年4月15日

 4月12日(月)、養老町在住の松田流誠選手、岩永唯伽両選手が大橋町長を表敬訪問しました。
 昨年12月に国立代々木競技場で開催された、第14回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会において、中学1年男子52Kg未満、中学1年女子43Kg未満の各クラスで優勝しました。
 空手①.jpg
 大橋町長より、「前回の約束どおりトロフィーを持ってきてくれましたね。今回の優勝を糧にますます強くなっていただきたい。」と激励の言葉がかけられると、松田さんが「新型コロナウイルスの感染拡大の中で練習不足でしたが、優勝できました。強い選手に負けそうかと思うこともありましたが、結果が出せてうれしいです。今年は中学2~3年の出場クラスになりますが、先輩たちに勝てるようがんばります。」と笑顔で語ると、岩永さんも「昨年の大会で準優勝だったので、リベンジしようとがんばりました。優勝できてうれしいです。今年は年上の選手とも戦いますが、1つ1つ勝っていけるようがんばります。」とこちらも笑顔で語り、和やかなムードのなか、この日の表敬訪問は幕を閉じました。

空手②.jpg
 
最後に大橋町長、森島教育長と並んで記念撮影。
これからも、ますますのご活躍をお祈りいたします。

お問い合わせ

教育委員会事務局生涯学習課
電話:0584-32-5086