令和3年町県民税(住民税)および所得税の申告相談について

2021年3月4日

町県民税(住民税)および所得税の申告期限の延長について

 国税庁より、所得税の確定申告期限を令和3年4月15日(木)まで延長する旨が発表されましたが、養老町での所得税の申告相談は3月15日(月)までです。

 3月16日(火)以降の申告相談は、所得税の確定申告については、3月30日(火)までは大垣市民会館にて受付を行います。3月31日(水)から4月15日(木)までは大垣税務署にて受付を行います。詳しくは、大垣税務署(電話番号0584-78-4101)へお問い合わせください。

 なお、町県民税の申告については、申告期限を4月15日(木)まで延長し、3月16日(火)以降は、役場1階税務課にて受付を行います。

 

申告会場

養老町中央公民館 中ホール

申告相談期間

令和3年2月16日(火)から3月15日(月)まで(土・日曜日、祝日を除く)

 

申告相談日程表

月 日 地 区 時 間
 2月16日(火)     高田・室原    

 9時~16時30分

 ※受付は16時まで

 (土・日曜日、祝日を除く)   

                     

 2月17日(水)

 2月18日(木)
 2月19日(金)  広幡・上多度 
 2月22日(月)
 2月24日(水)  小畑・多芸 
 2月25日(木)
 2月26日(金)  養老・日吉 
 3月1日(月)
 3月2日(火)  池辺 
 3月3日(水)
 3月4日(木)  笠郷 
 3月5日(金)

 3月8日(月)

   から

 3月15日(火)

 全地区

※各地区会場での受付はありません。

※混雑を緩和するため、できるだけ上表の指定日のご来場にご協力ください。

※対象地区に都合のつかない人は、申告期間中に都合のつく日にお越しください。

 

町の申告会場では次の申告は受け付けできません。大垣市民会館で申告してください。

・養老町に住民登録のない方

・過年分の申告

・青色申告

・消費税・贈与税の申告

・初めての住宅借入金等特別控除の申告

・譲渡所得

・分離課税の申告

・雑損控除の申告

・繰越控除の申告

・準確定申告(亡くなった人の申告)

・その他内容が複雑な申告

※相続税については、大垣税務署に問い合わせてください。

※3月16日(火)以降、所得税の申告相談は受け付けできません。

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策について

 申告会場では、検温の実施、消毒液の設置、待合席の間隔の確保、定期的な換気の徹底などさまざまな感染防止対策を行います。

 申告会場へお越しの際は感染拡大防止にご理解とご協力をお願いします。

 

来場にあたってのお願い

・自宅での検温をお願いします。

※37.5度以上の発熱がある場合や、咳や風邪、倦怠感などの症状がある方は、来場をご遠慮ください。)

・申告会場でも検温を実施します。

※37.5度以上の発熱が確認された場合や検温にご協力いただけない場合は、入場をお断りします。

・ご来場の際は、マスク等を必ず着用していただき、手指のアルコール消毒にご協力ください。

 (マスク等を着用していない方は、入場をお断りする場合があります。)

・会場へは、申告される方おひとりでお越しください。介助を要する等の理由で、複数名で来場される場合も必要最小限の人数でお越しください。

・物品の共有での使用を避けるため、筆記用具(ボールペン、電卓等)やメガネをご持参ください。

・換気のため、会場の扉や窓の開放を行いますので、体温調整しやすい服装でお越しください。

・会場では、大声での私語はお控えください。

・適切な距離を保つため、席に限りがあります。状況次第では、お車等でお待ちいただく場合があります。

・会場の混雑状況により、受付を早めに終了し、後日の来場をお願いする場合があります。

・会場での飲食はお控えください。

 

確定申告書はe-Taxによる申告や郵送での提出を

 例年、申告会場は多くの人がお越しになり、会場内は大変混雑します。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、できる限りご自身で申告書を作成し、e-Taxまたは郵送での提出にご協力ください。

 

e-Tax(電子申告)

パソコンやスマートフォン等で作成した申告書を税務署に送信できます。

マイナンバーカードをお持ちの方 マイナンバーカード方式

マイナンバーカードと、ICカードリーダライタまたはマイナンバーカード対応のスマートフォンが必要です。

マイナンバーカードをお持ちでない方 ID・パスワード方式

事前に税務署でID・パスワードの発行手続が必要です。

 

郵送での申告

国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」を利用して、印刷して書面で税務署に提出できます。

 

【郵送先】 〒503-8556 大垣市丸の内2丁目30番地 大垣税務署

 

 詳しくは、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」<外部リンク>をご参照ください。

 申告会場に出向かずに申告書を作成できますので、新型コロナウイルス感染症などの感染拡大防止の観点からも自宅からe-Taxで提出することをご検討ください。

 詳しくは、大垣税務署(電話番号0584-78-4101)へ問い合わせてください。

 

申告受付の流れ

1.中央公民館中ホール側の玄関を午前8時30分に開場します。
2.申告相談受付票をお渡ししますので、申告相談受付票の表面を記入いただき、受付にご提示ください。
3.番号札をお渡ししますので、お待ちいただくあいだに待合所等で申告相談受付票の裏面をご記入ください。
4.受付番号順にお呼びします。係に「申告相談受付票」とお持ちいただいた必要書類の確認を受けてください。
5.確認が終わりましたら、申告相談を行います。

※番号をお呼びした際に係が相談内容をあらかじめ確認させていただきます。収支内訳書や医療費控除の明細書の未完成など不備がある場合は、申告相談が後になる場合がありますのでご了承ください。

注意事項

※中央公民館の管理上、8時30分までの館内への入場はできません。
※番号をお呼びした際に、不在の場合は、その番号は無効となります。新たに番号を取り直していただくことになります。
※中央公民館への申告に関する問い合わせはご遠慮ください。

 

所得税の確定申告が必要な方

①営業・不動産・農業・配当などの所得があった方
②給与所得者で、次に該当する方
・給与を1カ所から受け、その他の所得金額(給与・退職所得を除く)の合計額が20万円を超える方
 ・給与を2カ所以上から受け、年末調整をされなかった給与の収入金額とその他の所得金額(給与・退職所得を除く)との合計額が20万円を超える方
③公的年金等に係る雑所得がある方で、次に該当する方
・公的年金等の収入金額が400万円を超える方
・公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円を超える方
④所得税の還付を受けようとする方(医療費控除・寄附金控除・住宅借入金等特別控除を受けようとする方など)
※上記以外の方でも譲渡所得や一時所得があるなど、各種所得の合計額が所得控除の合計額を超える方は、確定申告が必要となります。

 

住民税の申告が必要な方(所得税の確定申告をされる方は必要ありません)

 令和3年1月1日現在、養老町に居住し、前年中(令和2年1月1日から令和2年12月31日)の所得について、次に該当する方です。

①所得税は発生しないが、営業・農業・不動産・配当などの所得のあった方
②給与所得者で、次に該当する方
・給与所得以外の所得が20万円以下の方
・勤務先から「給与支払報告書」が町へ提出されていない方(提出の有無は、勤務先にご確認ください。)
③公的年金等の収入金額が400万円以下で、かつ公的年金以外の所得が20万円以下の方
④住民税の申告による扶養控除、生命保険料控除など各種控除を受ける方
⑤所得のなかった方で、国民健康保険税や介護・後期高齢者医療保険料などの算定が必要な方や、扶養、融資など各種申請で所得に関する証明が必要な方

 

申告時に必要なもの

・筆記用具・電卓・メガネなど
 感染症対策のため、ボールペン・電卓・メガネなど必要なものは各自ご持参ください。
・印鑑(スタンプ式不可)
・源泉徴収票、給与明細書、支払調書等、収入のわかるもの(令和2年1月から令和2年12月までに支払われたもの)
・営業・農業・不動産所得がある方は、収支内訳書
※必ず事前に作成しておいてください
・各種控除証明書等(令和2年1月から令和2年12月までに支払ったもの)
 国民年金保険料納付証明書、生命保険料等の控除証明書など
・医療費控除の明細書(領収書の添付や領収書の合計金額を提示するだけでは控除は受けることができません)
※必ず事前に作成しておいてください。明細書の様式は、下記の添付ファイルよりダウンロードしてください。
・障害者控除を受けられる方は、障がいの種類や等級のわかる手帳や、障がい者控除対象者認定書など
・寄附した団体から交付を受けた寄附金受領証明書など
・申告者本人名義の預金口座番号がわかるもの(所得税の還付を受ける場合)
・税務署から送られてきた「確定申告のお知らせ」はがき、または通知書
・申告者のマイナンバー(個人番号)が確認できる書類と身元確認ができる書類
 身元確認書類…運転免許証、パスポート、健康保険の被保険者証等
・代理人が申告する場合は代理権を証明する書類(委任状など)と申告者本人のマイナンバー(個人番号)が確認できる書類と代理人の身元確認ができる書類。同一世帯であれば委任状は不要です。

 

医療費控除の明細書.pdf(201KB)

(次葉)医療費控除の明細書.pdf(416KB)

医療費控除の明細書.xlsx(588KB)

セルフメディケーション税制の明細書.pdf(194KB)

(次葉)セルフメディケーション税制の明細書.pdf(411KB)

お問い合わせ

総務部税務課
電話:0584-32-1103