6月からの学校再開に向けて

2020年5月20日

 5月14日政府は、緊急事態宣言を解除しました。岐阜県は、緊急事態宣言解除後のガイドラインを5月15日に提示しました。このことを受けて、養老町内小中学校は、5月25日と29日を登校日とし、学校再開に向けた取組を始めます。これまで長い間、各ご家庭にご負担をおかけしてまいりました。保護者の皆様や家庭でご協力いただきましたことに、改めて感謝申し上げます。
 さて、緊急事態宣言の解除といっても、新型コロナウイルスがなくなったわけではありません。ウイルスがある中で、十分に感染を予防しながら学校生活や日常生活を創り上げていくことが求められます。そこでは、自分が感染しない、周りの人も感染しない生活様式をみんなで実行していくことが大事だと考えます。そのために、6月からの学校再開に向けて大切にしたいことやお願いしたいことをお知らせしますので、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

 

1 学校生活について 

 
① 新型コロナウイルスがあることを前提に、学校は1日2回以上の消毒、換気、密集や密接を避ける環境づくりに努めます。児童生徒の皆さんは、次のことに心掛けてください。
□朝の検温(発熱やかぜ症状がある場合は登校しないでください。)
□常にマスクをする。 
□ソーシャルディスタンス…最低でも1m以上離れて話す。互いの接触がないようにする。
□こまめに手洗いをする。
② 体調が悪いときは、遠慮せず担任や学校の先生に申し出てください。臨時休業が長期化し、学校に慣れるのに時間がかかる児童生徒もいます。じっくりと日常を取り戻してください。
③ 5月25日や29日の登校日には、学校で「心のアンケート」を実施します。学校再開に向けた不安や悩み、臨時休業中に困ったことや頑張ったこと等を尋ね、支援に活かします。

 

2 授業について 

 
① 6月1日~10日は分散登校です。1学級20人程度として、A・Bに分けて授業します。
6月11日と12日は一斉登校で5時間授業とし、段階的に日常生活を取り戻すようにします。6月15日からは、通常の授業日の日程になります。
② 家庭学習用ワークシートを活用し、教科書の最初から学習します。「配ってあるから、その先から進める」ということはしません。努力の成果を認め、つまずきをフォローして進めます。
③ 日課や時間割等詳細は、「家庭学習用ワークシート」の第2回配付を予定している5月21日に、各校よりお知らせします。

 

3 給食について

  
 6月1日から給食を始めます。感染防止のため「おにぎり、牛乳、デザート」という配膳を必要
としない献立で実施します。前半に登校した児童生徒は、11時から食事をして11時30分に下校します。後半に登校する児童生徒は、12時から食事をし、授業後の午後3時に下校します。6月15日以降は一斉授業となりますから、通常の給食を予定しています。

 

4 夏休みのあり方や土曜授業、行事について


 夏休みの短縮や土曜授業については、中学3年生の進路や部活動との兼ね合いもあるので、西濃地区で共通にできるよう検討しています。また、行事は各校で検討しています。決定次第随時お知らせしますので、今しばらくお待ちください。

5 留守家庭児童教室(のぞみ教室)について


 6月1日から12日は、午前8時より希望者の受け入れをします。分散登校に対応できるよう教室を開きますので、のぞみ教室担当者とご相談ください。

お問い合わせ

教育総務課
電話:32-5085