新型コロナウイルス感染症に便乗した悪質商法にご注意ください!

2020年4月22日

新型コロナウイルス感染拡大に関連した悪質商法の相談が全国で増加しています。
消費者被害を未然に防止するため、町民の皆さんも以下のような事例にご注意ください。

事例


・ 「助成金を振り込むので、銀行口座番号・キャッシュカード番号を教えてください。」という不審な電話があった。
・ 「新型コロナウイルスの検査が誰でも無料で受けられます。マイナンバーカードが必要で、自宅に行く。」という電話があった。
・ 「新型コロナウイルスが、水道水に混ざっている可能性がある。今から調査に行くので自宅を教えてほしい。」という電話があった。
・ 「新型コロナウイルス感染症の予防や治療に効果がある。」と健康食品を案内された。
・ 殺菌効果があるという「水」を売りにきた。
・ 身に覚えのない商品(例えばマスク)が送られてきた。

 

対応例


1 身に覚えのない怪しい電話やメールは無視しましょう。
  (なるべく留守番電話に設定しておきましょう。)
2 見知らぬ人が自宅を訪問した際は、用件を確認し、怪しいと感じた場合には、玄関を開けないできっぱり断りましょう。
3 絶対に口座情報や暗証番号を教えたり、キャッシュカード等を渡さないでください。
4 不審に思った場合や、トラブルにあった場合は消費者ホットライン「188(いやや!)」または、町役場までご連絡ください。

お問い合わせ

企業誘致・商工観光課
電話:32-1108