督促手数料と延滞金について

2020年2月1日

 定められた納期限までに納付されなかった場合、督促手数料や延滞金が発生することがあります。

1.督促手数料

 納期限までに納付がなかった場合、納期限後20日以内に督促状が発送されます。発送されたその日から督促手数料100円が加算され、本税と併せて納めていただきます。

2.延滞金

 納期限までに納められた方との公平性を保つため、納期限までに納付されないと延滞金が課せられます。
 延滞金は、原則として次の割合で計算されます。ただし、税額が2,000円未満の場合と、計算された延滞金が1,000円未満の場合には延滞金はかかりません。

 ○納期限の翌日から1か月を経過するまで…特例基準割合に年1%を加算した割合(上限7.3%)
 ○納期限の翌月から1か月を経過した日から納税の日まで…特例基準割合に年7.3%を加算した割合(上限14.6%)
 ※特例基準割合…各年の前々年10月から前年9月までの各月における銀行の新規の短期貸出約定平均金利の合計を12で除して得た割合(財務大臣告示)

 コメント 2020-01-28 131017.jpg


(参考)
下記の税金を令和元年8月31日に納める場合の延滞金
・令和元年度 固定資産税 第1期 100,000円 納期限:令和元年5月31日

    納期限から1ヵ月後まで(令和元年6月1日~6月30日)
     100,000円 × 2.6% × 30 / 365日 = 213円
  
    1か月経過後から納付の日まで(令和元年7月1日~令和元年8月31日)
     100,000円 × 8.9% × 62 / 365日 = 1,511円

     213円 + 1,511円 = 1,724円 

    端数を切捨て、 1,700円 が延滞金として加算されます。

  督促手数料や延滞金が加算されないよう、納期限までに納付ください。

お問い合わせ

徴収推進室
電話:32-5091