風しんの追加的対策(抗体検査・予防接種)について

2019年4月1日

■風しんの追加的対策とは
 風しんは、発熱および発疹を主な症状とし、飛沫感染により人から人へ感染し、感染力の強い病気です。妊婦、とくに妊娠初期の女性が風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんが、目、耳、心臓などに病気を持つ「先天性風しん症候群」という病気にかかることがあります。
 近年、風しんの患者数が増加しており、患者の中心は30代から50代の男性です。
 そこで国は、平成34年(2022年)3月31日までの3年間に限り、風しんの定期接種の対象者として昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性が追加されました。
 対象者は、事前に風しんの抗体検査を受け、抗体検査の結果が基準値より低い場合、予防接種を受けることになります。抗体検査や予防接種を受けるためには、養老町が発行するクーポン券が必要になります。
 ※クーポン券の発送は、5月中の予定です。クーポン券が届く前に風しんの抗体検査や予防接種を希望される方は、保健センターまでご連絡ください。

 

■対象者
 養老町民の方で昭和37年4月2日~昭和54年4月1日までの間に生まれた男性
 ※平成31年度のクーポン券発行対象者は、
 昭和47年4月2日~昭和54年4月1日の間に生まれた男性です。
 ※平成31年度のクーポン券発行対象者以外の対象者の方は、保健センターにご連絡いただければ、クーポン券を発行いたします。

 

■実施期間
 平成34年(2022年)3月31日まで
 ※ただし、平成31年度に発行したクーポン券の有効期限は、平成32年(2020年)3月31日です。

 

■費用
 無料

 

■実施場所
 抗体検査や予防接種を受けられる医療機関等のリストは、厚生労働省ホームページに掲載されています。

 

■外部リンク
 厚生労働省のホームページ 風しんの追加的対策について

お問い合わせ

保健センター
電話:32-9025