特定不妊治療費助成事業の助成内容を変更します

2019年4月1日

 町では、医療保険が適用されない特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)を受けている夫婦に対し、その治療に要する費用の一部を助成しています。
岐阜県特定不妊治療助成事業の対象となる特定不妊治療に要した費用のうち、県の助成金額を差し引いた額で、これまで1年度あたり10万円を限度に助成しておりましたが、平成31年4月より1回の治療につき10万円を限度として助成します。
 岐阜県特定不妊治療費助成事業の承認決定を受けてから、1年以内に申請してください。 
 必要書類は町保健センターにてお渡ししますのでお越しください。

 詳しくはこちらをご覧下さい。

 養老町特定不妊治療費助成について

お問い合わせ

保健センター
電話:32-9025