風しん抗体検査の助成について

2018年10月15日

 妊婦、とくに妊娠初期の女性が「風しん」にかかると、生まれてくる赤ちゃんが、目、耳、心臓などに病気を持つ「先天性風しん症候群」という病気にかかることがあります。
 下記対象者は、風しん抗体検査が無料で受けることができます。「先天性風しん症候群」を予防するために、妊娠をする前に周囲の方も含め、風しんの抗体検査を受けておきましょう。

 

対象者:岐阜県内(岐阜市を除く)に住所があり、次のA~Cにあたる方
    A 妊娠を希望している女性
    B 妊婦(風しんの抗体価が低い妊婦に限る)の夫または同居者
    C 30歳以上60歳未満の男性
    ただし、次の方は除きます。
    ①今までに、風しんにかかったことがある
    ②今までに、風しんワクチンを接種したことがある
    ③風しん抗体検査を受けたことがある
※検査ができる医療機関、検査方法、申し込みなどの詳細は、岐阜県のホームページをご覧ください。

 

※検査の結果「抗体価が低い」ことが分かった場合は、風しんワクチン(または麻しん風しんワクチン)の接種をお勧めします。接種費用は、自己負担となります。

 

外部リンク 岐阜県のホームページ 風しん抗体検査が無料で受けられます

お問い合わせ

保健センター
電話:32-9025