第7期養老町介護保険事業計画・老人福祉計画(案)に対する意見募集について(結果)

2018年3月30日

ご意見及び町の考え方について

 

◆意見を求めた政策等の名称

第7期養老町介護保険事業計画・老人福祉計画(案)

 

◆意見の募集期間

平成30年1月15日(月)~平成30年2月14日(水)

 

◆皆さんからいただいたご意見及び町の考え方

 

ご意見

町の考え方

 例えば介護度を下げるべく、例えば要介護3から2へさげるべく方策、生きがい作りや方策、ゲーム、チャント、効果的サロン作りへの記述がない。生活援助イコール家政婦替わりに使うと捉えてしまうような記述がある。財政支援目的で介護度を下げようとする記述がある。介護人材の育成について記述がない。  

 ご意見いただきました「例えば介護度を下げるべく、例えば要介護3から2へさげるべく方策」につきましては、介護給付等費用適正化事業において適正化に努めてまいります。
 「生きがい作りや方策、ゲーム、チャント、効果的サロン作りへの記述がない。」につきましては、養老町社会福祉協議会で行っております「ふれあいいきいきサロン」において、参加者が急増しており、各地区での取組みは記載しきれない程多種多様な状況であります。このような取組みが生きがい作りの1つになれば良いと考えております。
 「生活援助イコール家政婦替わりに使うと捉えてしまうような記述がある」につきましては、要支援状態になっても買物や家事の一部を支援することで「自宅で過ごしたい」という要望に添いながら要支援レベルの健康を維持することが可能になると考えております。また、今後はより一層地域住民の見守りや支援も必要であると考えております。
 「財政支援目的で介護度を下げようとする記述がある」につきましては、介護予防事業の充実を図ることで、出来るだけ自立した生活を維持できるよう支援し、その結果として要介護状態の高齢者率が減少することを望んでおります。
 「介護人材の育成について記述がない」につきましては、医療・福祉関連の専門職の充実だけでなく、認知症に関わる協力サポーターをはじめとして徐々に関連事業の拡大・連携を図っております。特にボランティア活動の人材育成・継続につきましては、引き続き町民の皆様のご理解・ご協力をいただき進めてまいりたいと考えております。

 

お問い合わせ

健康福祉課
電話:0584-32-1105