浄化槽の設置について

2018年11月16日

平成30年度の浄化槽補助金は、予算額に達したため、受付は終了しました。

 

みんなで守ろう水環境
 生活排水による河川の水質汚濁の進行を防止し、生活環境の保全を図るため、高度処理型合併処理浄化槽を設置し生活排水対策を行う場合、補助金を交付します。
※交付のための条件は、「養老町高度処理型合併処理浄化槽設置整備補助金交付要項」をご覧ください。

 

内容
 補助は、国の補助基準により、50人槽まで補助します。
 浄化槽の規模により補助額が異なります。
 詳細は、交付要綱をご覧ください。

 

補助
 予算の範囲内で補助金を交付します。 

人槽区分 補助金額
5人槽

 444,000円

6人槽 ~ 7人槽

 486,000円

8人槽 ~10人槽

 576,000円

11人槽 ~20人槽

1,092,000円

21人槽 ~30人槽

1,860,000円

31人槽 ~50人槽

 2,496,000円

 
対象者
 町内で補助基準を満たす浄化槽を設置する方が対象です。
 なお、次に該当する場合等は対象となりませんので、ご注意ください。
 ・下水道等の整備済区域に設置した場合。
 ・補助金の交付申請及び交付決定の前に、工事着手をした場合。
 ・建築基準法、浄化槽法に基づく設置の届出を行わず設置した場合。
 ・住宅を借りていて、賃貸人の承諾が無い場合。
 ・販売の目的で建物を建築した場合(建売住宅等)。
 ・町税等を滞納している場合。

 

申出・期日
 交付申請は、申請書類の整った方から先着順に受付けます。(予約はできません。)
 ただし、国から町に対する補助金の内示がされてから受付を行います。
 また、予算枠が終了次第、交付申請の受付を終了させていただきます。浄化槽工事に着工していない場合は、次年度の申請は可能です。
 浄化槽設置工事にとりかかる前に交付申請を行い、交付決定を受ける必要があります。
 交付申請後に審査を行うため、工事着工予定年月日は交付申請日から7日以上後の日付としてください。
 なお、工事着手後の申請は対象になりません。
 設置工事完了後の実績報告は、工事完了後1ヶ月以内又は補助金を申請した年度の末のいずれか早い日までに提出してください。

 

既存の単独浄化槽からの転換の場合

 新たに高度処理型合併処理浄化槽を設置する方で、併せて既存の単独浄化槽を撤去する方に対し、予算の範囲内で転換事業補助金を交付します。 
 なお、単独浄化槽を撤去処分する場合のみ対象であり、埋め戻した場合等は対象となりません。補助金額90,000円
 ※「養老町高度処理型合併浄化槽への転換事業補助金交付に関する要綱」をご覧ください。
 浄化槽の解体の場合は、使用廃止届けの提出が必要です。

 

浄化槽の解体について
 既存の浄化槽を撤去する場合は、必ず最終清掃(槽内の汚水・汚泥等の引き抜き(清掃))を許可業者により行い、適正な処理をしてください。 

浄化槽撤去の手順

1.維持管理を行っている浄化槽清掃業者へ連絡

※必ず事前に連絡し、浄化槽清掃業者と日程を調整してください。


2.浄化槽清掃業者によるくみ取り(清掃)


3.「浄化槽使用廃止届出書」最終清掃の記録を添付し提出する。

4.浄化槽を撤去、廃棄物処理業者へ処分依頼

 

 

◎浄化槽設置補助金

養老町高度処理型合併処理浄化槽設置整備事業補助金交付要綱.rtf(119KB)

浄化槽設置補助金様式1号(交付申請書).rtf(63KB)

浄化槽設置補助金様式3号(変更承認申請書).rtf(42KB)

浄化槽設置補助金様式4号(実績報告書).rtf(43KB)

浄化槽チェックリスト.pdf(272KB)

浄化槽工事請負契約書.pdf(86KB)

 

 

◎転換事業補助金

養老町高度処理型合併処理浄化槽への転換事業補助金交付に関する要綱.rtf(67KB)

転換事業補助金様式1号(交付申請書).pdf(44KB)

転換事業補助金様式3号(変更届出書).rtf(43KB)

転換事業補助金様式4号(完了報告書).rtf(43KB)

 

◎浄化槽使用廃止

浄化槽使用廃止届出書.pdf(5KB)

 

お問い合わせ

生活環境課
電話:0584-32-1106