養老かるたが完成しました!

2016年11月1日

 2017年(平成29年)に養老改元から1300年という節目の年を迎えるにあたり、養老町教育委員会では郷土の歴史や文化を後世に伝えると共に、郷土愛の醸成に資することを目的として、養老町子ども会育成協議会の協力のもと、「養老かるた」を作成しました。題材は、他にない養老町の魅力や特徴を掘り起こした養老「まちの宝もの46選」です。   
 本年5月2日から6月30日まで詠み詞(よみことば)や絵札用写真を募集したところ、詠み詞2,510句、絵札用写真8枚の応募がありました。完成までには、養老町子ども会育成協議会による一次選考及び編集を経て、「養老かるた編集委員会」(教育委員5名、社会教育委員7名、町校長会長3名、郡町PTA会長2名の計17名で編成)による厳正な最終選考と編集により、46組の詠み詞と絵札用写真を決定しました。
 なお、読み札及び絵札用写真の採用者に粗品を11月末までに郵送させていただく予定です。

 

生涯学習課 0584-32-5086

karuta.jpg

かるた絵札・読札一覧.pdf(2MB)

かるた絵札・読札概要.pdf(4MB)