公募型プロポーザル方式による提案募集(養老町養老の郷・田園エリア整備基本計画策定業務)の結果

2015年12月10日

1 業務名
  養老町養老の郷・田園エリア整備基本計画策定業務委託

 

2 最高得点者(受託候補者)
 
 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社

 

3 全提案者(申込順)
  
  ・ 有限会社リブ設計
    ・ 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
    ・ 大日コンサルタント株式会社
    ・ 株式会社エイト日本技術開発
    ・ 大日本コンサルタント株式会社
    ・ 中央コンサルタンツ株式会社
    ・ 株式会社テイコク
    ・ ランドブレイン株式会社

 

4 評価点(得点順) 満点500点
  ・ 442.05 (三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社)
    ・ 405.55
    ・ 402.95
    ・ 370.00
    ・ 358.20
    ・ 355.80
    ・ 273.70
    ・ 230.30

5 受託候補者選定理由
  養老町プロポーザル実施要綱第19条に基づき、評価委員会で1位として決定した者を受託候補者として選定した。

 

6 評価委員会構成員名

構成員名 役職等
高木 朗義 岐阜大学工学部教授
安田 澄雄 養老町区長連絡協議会長
問山 孝通 養老町総務部長
野村 博治 養老町住民福祉部長
柏渕 裕昭 養老町産業建設部長

 

募集終了】養老町養老の郷・田園エリア整備基本計画策定業務プロポーザルの募集

 

概要
 養老町では平成25年3月に養老改元1300年プロジェクト「新生養老まちづくり構想」を策定し、本町のシンボルである養老公園を中心に周囲の養老山麓、田園地帯を含めて住む人、訪れる人に対する魅力の向上を図るための郷づくりを行っています。
 「新生養老まちづくり構想」において、田園エリアでは道の駅やクラインガルテン(滞在型市民農園)などを整備することが位置づけられており、本町ではエリア全体のコンセプトの下、地権者の意向や各種団体のニーズ、マーケティング調査なども行いながら、必要な機能や規模、施設整備内容、事業内容、採算性などを検討し、整備基本計画のとりまとめを図ります。
 そこで、標記業務に係る企画提案を募集します。詳細はページ下よりファイルをダウンロードしてご確認ください。

 

スケジュール
・実施要領等の公表
 平成27年8月6日(木)

 

・実施要領等に関する質問受付
 平成27年8月6日(木)~8月25日(火)正午まで

 

・プロポーザル参加表明(プロポーザル提案意向申請書の受付)
 平成27年8月6日(木)~8月24日(月)(必着)

 

・企画提案書の受付
 平成27年8月6日(木)~8月31日(月)(必着)

 

・評価委員会(提案書に基づくプレゼンテーション)
 平成27年9月上旬(予定)

 

・審査結果の通知・公表
 平成27年9月上旬(予定)

 

関連ファイルダウンロード

養老の郷・田園エリア整備計画策定業務委託プロポーザル実施要領 .pdf(131KB)

養老の郷・田園エリア整備計画策定業務委託仕様書 .pdf(125KB)

プロポーザル実施要項提出様式(様式第1・5号、様式Ⅰ~Ⅴ) .docx(20KB)

別紙1 .pdf(23KB)

 

関連情報リンク

◇ 「新生養老まちづくり構想」

お問い合わせ

養老改元1300推進室
電話:0584-32-5089
ファクシミリ:0584-32-2686