公募型プロポーザル方式による提案募集(養老改元1300年祭事業展開支援業務)の結果について

2015年12月10日

公募型プロポーザル方式による提案募集(養老改元1300年祭事業展開支援業務)の結果について

平成27年12月11日

養老町総務部企画政策課
養老改元1300推進室


1 業務名
  養老改元1300年祭事業展開支援業務

 

2 最高得点者(受託候補者)
  株式会社ジェイアール東海エージェンシー

 

3 全提案者(申込順)
・株式会社ジェイアール東海エージェンシー
・日本イベント企画株式会社

 

4 評価点 満点500点
  440.95 
※ 提案者が2者であったため、次点者の得点は公表しない。

 

5 受託候補者選定理由
  養老町プロポーザル実施要綱第19条に基づき、評価委員会で1位として決定した者を受託候補者として選定した。

 

6 評価委員会構成員名(敬称略)

構成員名 役職等
高木 朗義 岐阜大学工学部教授
安田 澄雄 養老町区長連絡協議会長
野寺 兼次

養老町商工会長

後藤 稔治 養老町教育委員
問山 孝通 養老町総務部長

 

 

受付終了】養老改元1300年祭事業展開支援業務プロポーザルの募集

平成27年11月11日

■概要
 約1300年前、元正天皇は西暦717年に養老の地へ行幸され、当地の美泉をご覧になった後、元号を「霊亀」から「養老」に改元されました。また、養老町には泉の水がお酒に変わったという孝子伝説が語り継がれており、この伝説の由来が元正天皇による「養老改元」であると言われています。
 このような中、2年後の平成29(2017)年、元正天皇による養老改元より1300年という100年に一度の節目の年を迎えます。養老町では「養老改元1300年祭 基本計画」を策定し、これに基づき養老改元1300年祭を開催することとし、既にプレイベントを実施しております。
 「養老改元1300年祭 基本計画」において、養老改元1300年という節目を本町がさらに発展、飛躍する契機ととらえ、地域住民や各種団体、事業者等との協働による「養老改元1300年祭」を開催することにより、岐阜県内外からの交流人口の拡大や地域活性化を図っていくこととしています。
 そこで、標記業務に係る企画提案を募集します。詳細は以下の添付ファイルをご確認ください。

 

■スケジュール
・実施要領等の公表・配布
平成27年11月11日(水)~11月25日(水)

・実施要領等に関する質問受付
平成27年11月11日(水)~11月20日(金)正午まで

・プロポーザル参加表明(プロポーザル提案意向申請書の受付)
平成27年11月11日(水)~11月18日(水)(必着)

・企画提案書の受付
平成27年11月11(水)~11月25日(水)(必着)

・評価委員会(提案書に基づくプレゼンテーション)
平成27年12月上旬(予定)

・審査結果の通知・公表
平成27年12月上旬(予定)

 

関連ファイルダウンロード

実施要領(PDFファイル).pdf(56KB)

仕様書(PDFファイル) .pdf(26KB)

提出様式一式(Wordファイル).docx(20KB)

「養老改元1300年祭 基本計画」(PDFファイル).pdf(6MB)

 

お問い合わせ

養老改元1300推進室
電話:0584-32-5089
ファクシミリ:0584-32-2686