人権擁護の町

2013年1月21日

 現代社会におけるキーワードは、「環境」「平和」そして、「人権」と言われており、今、政府をはじめ、地方自治体や教育機関を中心として、広範な人権教育の取り組みがなされています。

 本町においても、今日まで部落問題をはじめとする人権問題の解決と人権擁護の推進のため各種の人権教育、啓発活動に取り組んできましたが、未だに身の回りでは、さまざまな差別や偏見が残されています。
 このような状況を背景に、お互いの人権が尊重される、心豊かで安心して暮らせる町を築くことをめざして、本町は平成12年9月に人権擁護の町の宣言を行いました。

 人権問題は、社会全体の問題であり、町民一人ひとりが人権意識をもち、互いに支え合い、平等な存在として認め合う関係を築くことが、その解決には欠かせません。
 また、私たちの町には、町長が推薦し、法務大臣から委嘱された人権擁護委員さんが町内の各地区に8人みえます。

 家庭内の問題・いじめ・体罰・差別などに関する人権問題でお困りの方は、お気軽にご相談下さい。

 

 

「人権擁護の町」宣言
 

人権は、すべての人が生まれながらにもっている基本的な権利であり、人が幸せに生きていく権利です。

 

わたしたちは、
  相手を尊び
  お互いに思いやり、
  差別のない
  明るく住みよい町をめざし
  一人ひとりが
  健やかな人権意識の高揚に努めます。

ここに、わたしたちは、すべての人が心豊かで安心して暮らせる町を築くことを誓い、本町を「人権擁護の町」とすることを宣言します。

 

お問い合わせ

住民人権課
電話:0584-32-1104