質問:沿線市町の支援内容及び合意事項は?

2013年1月21日

 ○沿線7市町全体で、平成19年度は約1億1千万円、平成20年~22年度は毎年3億円を上限とし、赤字額の二分の一を負担する。 

 ○上下分離方式を採用する。 

 ○相互に協力し、沿線7市町は利用促進・収支改善策の側面支援をする。

 ○平成23年度以降のことはまだ何も決まってません。