質問:交通事故に遭いました。国民健康保険は使えますか?

2013年1月21日

回答
  国民健康保険の加入者が、交通事故や傷害事件など他人からの加害行為でけがをし、治療を受ける場合、原則として、加害者が医療費を負担すべきものですが、届出により、国民健康保険でも給付が受けられる場合があります。その場合、国民健康保険が一時的に医療費の一部を立て替えて、後で、その医療費を加害者に請求することとなりますので、必ず事前の届出が必要です。
  国民健康保険を使って医療機関にかかる場合は、まず、住民人権課へ連絡・相談ください。

 

※  なお、届出をする前に、加害者と示談をしていたり、加害者からすでに医療費を受け取っている場合には、国民健康保険が使えなくなる場合がありますので、ご注意ください。

 

◆ 届出の手順は?(交通事故の場合)

※ この制度を利用するためには、住民人権課に届出が必要です。

 

  交通事故を警察に届け出て、速やかに「事故証明書」をもらってください。                              ↓
  住民人権課国民健康保険係へ届け出てください。
  「事故証明書」を持って「第三者行為による被害届(一式)」を提出してください。

 

  *「第三者行為による被害届(一式)」は、住民人権課に用意してあります。

 

  <必要なもの>
  ・国民健康保険被保険者証
  ・印鑑(認め印)
  ・事故証明書
  ・第三者行為による被害届(一式)

お問い合わせ

住民人権課
内線 314・316
電話:0584-32-1104