質問:国民健康保険の加入者ですが、医療機関等にかかった費用の負担が軽減されることがありますか?

2013年1月21日

回答
 高額な外来診療費や入院費のうち、治療に関する費用は「限度額適用認定証」等を医療機関の窓口へ提示すれば、同一医療機関での一月の支払いを一定の金額にとどめることができます。
 「限度額適用認定証」等は、国保窓口で事前に申請し交付を受ける必要があります。
 認められると、一部負担金の支払いが自己負担限度額までで済むようになり負担が軽減されます。

 

〈申請に必要なもの〉
・国民健康保険被保険者証
・印鑑(認め印)
・過去1年間に90日を超える入院をされた方は、それが確認できるもの(医療機関の領収書、証明書など)

 

なお、認定証を持っていても医療機関等に提示せず一定の金額以上を支払った場合は、国保窓口で申請により、差額分の払い戻しができます。

 

〈申請に必要なもの〉
・国民健康保険被保険者証
・印鑑(認め印)
・医療機関の領収書
・世帯主名義の預金通帳、または口座番号がわかるもの 

お問い合わせ

住民人権課
内線 314・316
電話:0584-32-1104