質問:国民健康保険の加入者が出産しましたが、どのような手続きが必要ですか?

2013年1月21日

回答
  生まれたお子さんが国民健康保険に加入する場合は、出生届を提出するときに、あわせて国民健康保険加入の手続きを行います。
 生まれた日を含め14日以内に出生届を提出してください。
  また、母親が国民健康保険の加入者であるときは、「出産育児一時金」として42万円(産科医療補償制度に加入していない医療機関で出産した場合は39万円)が支給されます。

 

  <必要なもの>
  ・母子健康手帳など、出産が確認できる書類
 (すでに生まれたお子さんの出生届、住民登録が済んでいる場合は不要)
  ・本人確認のために身分証明書(運転免許証・パスポートなど)
 ・国民健康保険被保険者証
  ・印鑑(認め印)
  ・振込先の預金通帳または口座番号がわかるもの

  ・産科医療保障制度加入医療機関による所定の印が押されている分娩費領収書、出産費用明細書


※ 父親が職場の健康保険に加入しており、生まれたお子さんがその扶養家族となる場合など、お子さんが国民健康保険に加入するか、しないにかかわらず、出産時に母親が国民健康保険に加入している場合は、「出産育児一時金」が支給されます。ただし、退職後6か月以内の出産など、他の健康保険から同内容の手当金等が支給される場合は、国民健康保険から「出産育児一時金」の支給はありません。

お問い合わせ

住民人権課
内線 314・316
電話:0584-32-1104