質問:低所得の世帯に対する国民健康保険の保険税の軽減制度について知りたい。

2014年5月28日

回答
  国民健康保険の保険税を算定する際に、政令により定められた所得基準下回る世帯については、医療保険分・後期高齢者支援金分・介護保険2号それぞれの均等割額・世帯割額が法定の基準で軽減されます。
  ただし、保険税の軽減は、世帯主(国民健康保険に加入・非加入を問いせん)及びその世帯に属する加入者全員の総所得金額等の合算額により判しますので、必ず申告が必要です。
 

区分 前年中の世帯の総所得 減額される額
7割軽減 33万円以下のとき 均等割・平等割の7割
5割軽減 {33万円+(24万5千円×被保険者数)}以下のとき 均等割・平等割の5割
2割軽減(注1) {33万円+(45万円×被保険者数)}以下のとき 均等割・平等割の2割

 

(注1)2割軽減に該当する方は、平成19年度までは申請が必要でしたが、平成20年度課税分からは、申請は不要となりました。 

(注)軽減の判定は、4月1日の状況で行われます。ただし、年度途中でしく世帯主になった世帯は、その日の状況で判定されます。


 

お問い合わせ

住民人権課
内線 314・316
電話:0584-32-1104