質問:収入がない人でも国民健康保険税を払うのですか?

2013年1月21日

 国民健康保険は、病気やケガなど、もしもの時のために、加入者みんなで保険税を出し合って助け合う制度ですので、生活保護に該当しない場合は、国民健康保険の加入者として収入のない方でも保険税をご負担していただくことになります。
 この保険税は、1世帯につき算定される平等割額と加入者の人数に応じて算出される均等割額および加入者の今年度の固定資産税額(土地・家屋)により算定される資産割額並びに加入者の前年の所得により算定される所得割額の合計額で決定されます。養老町内に土地・家屋がなく、かつ、前年の収入がなく今年度の住民税が非課税の場合は、平等割額と均等割額のみを納めていただくことになります。
 なお、所得の申告(所得税の申告・住民税の申告・国民健康保険の所得申告のうちいずれか)がお済みで、条例により定められた所得基準を下回る世帯は、保険税のうち、平等割額と均等割額の減額を受けることができます。
 また、災害等により保険税を納めることが困難になったときは、申請により減免が受けられる場合があります。

お問い合わせ

税務課
電話:0584-32-1103