耐震補強工事

2014年5月7日

1.事業内容について
この事業は、診断の結果、耐震補強工事をするにあたり、その費用の一部を補助いたします。

 

2.対象となる住宅(昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅に限る)
ア. 木造住宅の所有者が実施する耐震補強工事。

 

イ.建防協マニュアル(注1)に関する講習を受講し修了証の交付を受けている相談士が設計及び工事監理を行う耐震補強工事であること。

 

ウ.相談士が建防協マニュアルに基づき実施した耐震診断の結果、次のいずれかに該当する耐震補強工事であること。


(1)上部構造評点が1.0未満とされた木造住宅で、補強後の評点が1.0以上となる耐震補強工事であること。


(2)上部構造評点が0.7未満とされた木造住宅で、補強後の評点が0.7以上となり、かつ、地震時に転倒の恐れのある家具等について転倒防止策を実施すること。

 

※過去に養老町の耐震補強工事費補助を受けた住宅は申し込みできません。
※住宅の中の部分的な補強工事(居住スペース等)のみでは補助できません。

※相談士が明らかな違反建築物と判断されたものは、補助できません。

 

3.平成26年度受付開始日
平成26年5月1日

※詳細については、建設課へお尋ねください。

 hokyouzu.gif

関連ファイルダウンロード

申込書ダウンロード(PDFファイル:22KB) .pdf(28KB)