土砂災害に備えて(土砂災害ハザードマップ)

2014年8月22日

■土砂災害とは

 雨降りには洪水・突風などの風水害をもたらしますが、同時に土石流やがけ崩れなどの土砂災害も引き起こすことがあります。

 土砂災害は、風水害とは違い局地的・突発的に起こります。

 

■土石流の前兆現象

・雨が降っているのに川の水が減った

・川の流れに流木などが混ざっている

・山がうなっているような音がする

 

■がけ崩れの前兆現象

・がけから小石がパラパラ落ちてくる

・がけに割れ目ができた

・がけから水が湧き出した(あるいは止まった)

 

■すみやかに避難

 避難勧告が出たらすぐに避難しましょう。避難勧告が出ていなくても、前兆現象を確認したら避難しましょう。万が一逃げ遅れたときは丈夫な建物に避難しましょう。

 

■ハザード マップの活用

 土砂災害ハザード マップを活用して、日頃から災害に対する心構えと準備をしておきましょう。

 

                                

            

                土砂災害に備えて                  土砂災害に備えて

 

関連ファイルダウンロード  

ハザードマップ情報面 .pdf(2MB)

ハザードマップ養老地区 .pdf(4MB)

ハザードマップ上多度地区 .pdf(3MB)

ハザードマップ日吉地区 .pdf(3MB)

お問い合わせ

建設課
電話: 0584-32-5081