婚姻届

2013年1月28日

■届出期間
届け出した日から法律上の効力が発生する

 

■届出地
・夫または妻の本籍地
・夫または妻の所在地

 

■届出に必要なもの
・夫婦双方の印鑑(一方は旧姓の印鑑)
・承認(成人の者2人の署名・押印)
・未成年者は父母の同意が必要
・戸籍謄本(町内に本籍のない人)

 

■届出人
夫および妻 

※主な手続きについては下記をご覧ください。 

※婚姻されたときの主な手続き

 

必要な手続き 対象年齢 手続きの内容 お持ちいただくもの 手続きの窓口
国民健康保険 74歳以下 国民健康保険の氏名変更または、喪失の手続きをしてください。

・印鑑
・国民健康保険証
・新たに加入された社会保険の保険証

住民人権課
印鑑登録 15歳以上 氏の変更に伴い、氏で印鑑登録をされている場合は、自動的に廃止されますので、印鑑登録が必要な方は再度登録をしてください。

・本人確認書類
・登録印
・印鑑登録証(ふれあいカード)

住民人権課
住民基本台帳カード 15歳以上 氏の変更の手続きをしてください。 ・本人確認書類2点
・印鑑
・住民基本台帳カード
住民人権課
国民年金 20~60歳
(65歳)
国民年金の相談をお受けします。
氏の変更については届出の必要がありません。
・年金手帳
・印鑑
住民人権課
母子・父子家庭の福祉医療費 18歳以下
(高校まで)
資格喪失の手続きを行い、受給者証を返却してください。

・受給者証
・印鑑(朱肉を使用するもの)

住民人権課
(健康福祉課)
重度障害者医療 身体1~3級
療育A1~B1
精神1~2級
の手帳保持者
受給者証に記載された氏名等を変更します。 ・受給者証
・印鑑(朱肉を使用するもの)
住民人権課
(健康福祉課)
児童手当 15歳以下
(中学まで)
現在手当受給中の方は、担当窓口へお問い合わせください。

 

健康福祉課
身体障害者手帳  

身体障害者手帳の氏名を変更してください。

・身体障害者手帳
・印鑑(朱肉を使用するもの)
住民人権課
(健康福祉課)
療育手帳   療育手帳の氏名を変更してください。 ・療育手帳
・印鑑(朱肉を使用するもの)
住民人権課
(健康福祉課)
精神障害者保健福祉手帳   精神障害者保健福祉手帳の氏名を変更してください。 ・障害者手帳
・印鑑(朱肉を使用するもの)
・氏名等が変更されたことがわかるもの
住民人権課
(健康福祉課)
障害者自立支援   自立支援医療受給者証の氏名変更をしてください。

・受給者証
・印鑑(朱肉を使用するもの)

住民人権課
(健康福祉課)
養老町障害者福祉年金 身体1~3級
療育A1~B1
精神1~2級
の手帳保持者
婚姻届出時に必要な手続きはありません。   健康福祉課
介護保険 40~64歳 詳しくは、担当窓口へお問い合わせください。 ・介護保険証
・負担限度額認定書
健康福祉課
65歳以上 詳しくは、担当窓口へお問い合わせください。
就学児童生徒の異動 5~15歳 「児童・生徒異動届」にご記入後、2枚を指定する学校へご提出ください。

・印鑑

住民人権課
(教育総務課
準要保護児童生徒就学援助の認定の解除 準要保護の認定を受けている児童・生徒 詳しくは、担当窓口へお問い合わせください。 教育総務課
留守家庭児童教室の変更手続き 利用者 「留守家庭児童教室利用状況変更届」にご記入後、ご利用されている教室へご提出ください。 利用教室
児童扶養手当 18歳以下
(高校まで)
詳しくは、担当窓口へお問い合わせください。 健康福祉課
園児の異動 保育園児 変更になった事項を保育園へご連絡ください。 健康福祉課

 

関連ファイルダウンロード

婚姻されたときの主な手続き.pdf(100KB)

お問い合わせ

住民人権課
電話:0584-32-1104